営業部【OA機器・OA関連商品】:パーソナルコンピューターサーバー
top事業案内営業部【OA機器・OA関連商品】:パーソナルコンピューターサーバー

営業部 ≫OA機器・OA関連商品 [+] ≫オフィス家具製品 [+] ≫測量機器 [+] ≫技術サービス [+]
コピーサービス部 ≫コピーサービス(図面焼付) ≫デジタル入出力サービス ≫各種製本 ≫大判図面ラミネート ≫デジタルOH入稿
オフィス通信販売 ≫アスクル ≫SmartOffice
店舗業務 ≫各種サービス [+] ≫文具・事務用品 [+]

アカウント情報ひとつで場所を選ばずどこからでも作業が可能。仕事の幅も広がります
サーバーはデータ管理の基本です
専門知識豊富なスタッフが最新のセキュリティで快適のお手伝いをいたします


サーバ構築
建物が建ったら、事務所の内装も整えましょう。
LAN構築の次は、様々なサービスを提供するためのサーバ構築を検討します。メールや自社Webサイト、ファイル共有等、様々なサービスを提供することが可能です。

岡井博進堂では、サーバ構築に伴うラック立架や電源確保、 ネットワーク構築全般についても承っておりますので、ご相談ください。


アプリケーションサーバの種類
サービスを提供するサーバには、大きく3つ種類に分類できます。

社内サーバ
自社内でのみ利用されるサーバです。ファイル共有サーバ、グループウェアが代表的です。

外部公開サーバ
インターネット上に公開されるサーバです。Webサーバ、メールサーバが代表的です。

ホスティングサーバ
サービスプロバイダのデータセンター内にあるサーバを、レンタルするパターンです。設備コストが必要なく、運用もアウトソーシングできます。

※ご注意点として、サーバはサービスを提供する"ソフトウェア"です。ソフトを入れるための「入れ物」として、サーバ本体やネットワークの構築が必要となります。

zu01


ホスティングサーバの特徴
自社サーバなんて必要ない!?
自社でのサーバ構築を考える前に、まずは本当に自社で用意しなければいけないのかどうか再検討ください。要望をレンタルサーバでクリア出来るのであれば、それがベストの選択です。
サーバ構築は、コストも時間も掛かります。また、専任の技術スタッフも必要です。まずはサーバをレンタルで済ますことの出来る、ホスティングサーバの利用をご検討ください。
1)運用・管理を任せたい
サーバは構築して終わりではありません。構築後の運用・管理についても、継続して技術者がフォローする必要があります。社内に専任のサーバ技術者がいない場合には、ホスティングサーバをお奨めします。手間とリスクをアウトソーシングすることが可能です。
2)イニシャルコストを抑えたい
自社内にサーバを設置するにはかなりの時間と、数十万~数千万円の設備コストを覚悟しなければいけません。また、5年ほどに1回はリプレイスをする必要があり、そのための費用も必要です。
それだけの予算を確保できない場合には、ホスティングサーバをお奨めします。ホームページ公開やメール程度であれば、ASPサービスでも十分です。
3)ホスティングサーバの種類
ホスティングサービスには、ニーズに応じて様々なプランが用意されています。ASPサービスであれば、自社サーバより桁違いに安く出費を抑えることが出来ます。 各社から非常に多くのサービスプランが提供されております。NTTコミュニケーションズ社を例にすると、「メール&ウェブ」「パワープラットフォーム」「データセンター」等があります。

ASPサービス:
物理的なサーバではなく、サービスそのものをレンタルするという発想になります。インストール・設定作業等も行う必要がありません。

共用サーバ:
複数のユーザで、1台のサーバを共同で利用するサービスです。制限が多く自由度は低くなりますが、低コストでご利用いただけます。

専用サーバ:
1台のサーバを独占して利用するサービスです。他ユーザに影響されず自由に利用することができますが、当然コストも高くなります。

ハウジングサービス:
データセンター内に、ラックごと借りてしまうサービスです。入退室設備や空調設備といった設備を自前で用意する必要がありません。

※岡井博進堂は販売会社です。そのためホスティングサーバの提供は行っておりません。検討の結果として自社サーバを構築すると確定しましたら、ぜひ岡井博進堂へご相談下さい。



自社サーバの特徴
それでも自社サーバが必要?
手間とコストのかかる自営サーバの構築ですが、なぜ導入している企業が多いのか?それにはやはり、必要とされるだけの理由あります。
1)運用・管理を自社で行いたい
技術者が社内にいる場合には、サーバも自社内にある方が何かと便利です。何か問題の発生する度に、データセンターまで駆け付ける必要もありません。
また、ホスティングサービスでプランが用意されていないサービスについても、自社構築なら自由に設計・構築することが出来ます。
2)ランニングコストを抑えたい
ホスティングサービスの場合には、月額料金が発生します。また、ASPサービスではメールアドレス追加といった作業の度に、別途料金が必要となる場合もあります。
自社サーバであれば、そうした月々のサービス料金は不要です。ただし、ソフトウェアのライセンス更新料やハードウェア保守料金、電気代等は必要となりますので、ご注意下さい。


サーバのハードウエアーの種類
企業の基幹業務に応える高性能2Wayサーバーから、部門サーバーやスモールオフィスに適した1Wayサーバーまでをラインアップ。MAGNIAシリーズは優れた機能・性能と高信頼性でビジネスの可能性を拡げます。

お客様のご希望・用途にあった機種選定ができるように、各機種のメリット・機能マークを掲載しております。ご希望の機種が見つかりましたら、カタログで詳細仕様をご確認ください。
MAGNIAシリーズは全てのオプションを選べるフルBTO生産方式を採用しています。下記機能マークは標準装備又はオプション選択の場合があり、実際の手配時にはカタログ又はハードウェア構成ガイドで構成をご確認願います。

icon02 中小規模システム/アプリケーション層に最適

■2Wayタワー/ラックマウントサーバー
MAGNIA3600
独自のRAIDコントローラーを採用し基幹システムに求められる信頼性を装備。
幅広い用途にこたえる可用性と拡張性に優れた2Wayサーバー。

■2Wayラックマウントサーバー
MAGNIA3615R
基幹システムに求められる高い信頼性と可用性を2Uサイズに装備。
高性能で拡張性が高く、環境性能に優れた2Wayラックマウントサーバー。

icon02 小規模オフィス・SOHO/フロントエンド層に最適

■1Wayラックマウントサーバー
MAGNIA1105R
優れた信頼性と拡張性を1Uサイズに実現。
フロントエンドサーバーからファイルサーバーまで、幅広い用途に対応するエントリーラックマウントサーバー。

■1Wayタワーサーバー
MAGNIALiTE42S
コンパクトなタワー型筐体に、すぐれた拡張性と静音性を装備。
小規模オフィスや部門サーバーに最適なエントリークラスの1Wayサーバー。
HDDのホットプラグに対応したホットプラグモデル、UPS機能を内蔵したバッテリー付電源モデルも用意し多彩なニーズにこたえます。

■1Wayコンパクトサーバー
MAGNIACT400
MAGNIAシリーズの高い性能と信頼性を継承しながら設置性を追求。店舗や小規模オフィスなどの拠点設置に最適なコンパクトサーバー。



サーバ機能を提供する主なソフトウェアの種類

データベースサーバ:
複数のサーバが役割分担をしているようなシステムにおいて、データベース管理システム(DBMS)が稼動しているサーバです

トランザクションサーバ:
関連する複数の処理を「トランザクション」という単位で行い、処理が一つでも失敗した場合に処理前の状態に復旧するサーバです

アプリケーションサーバ:
アプリケーション処理(特にJavaアプリケーションサーバ)

ウェブサーバ:
Webアプリケーション処理(Apacheなど)。WebサーバはWebブラウザのリクエストに応じて、Webのコンテンツを送信する役割を持っています。

メールサーバ:
メールサービス(Sendmailなど)。インターネット上に常に接続され、自ネットワーク内のユーザの電子メールの送信や受信を行うコンピュータです

FTPサーバ:
ファイル転送に特化したインターネット通信です

ファイルサーバ:
ネットワーク全体でユーザーがファイルを格納および共有できるようにし、ネットワーク上の1つの場所を提供します

プリントサーバ:
共有したいプリンタをプリンタサーバに繋げプリンタサーバをネットワークにつなぐことでネットワーク上の全てのパソコンでいつでもプリンタを利用できるようになります

DNSサーバ:
ホスト名を元に、ホストの IP アドレスを教えてくれるサーバです

DHCPサーバ:
IPアドレスと関連情報を集中管理し、この情報をクライアントに自動的に割り振ります

プロキシサーバ:
Webサーバーへのアクセスを、Webブラウザの代わりに代行するサーバーです