営業部【OA機器・OA関連商品】:POSシステム・電子レジスター
top事業案内営業部【OA機器・OA関連商品】:POSシステム・電子レジスター

営業部 ≫OA機器・OA関連商品 [+] ≫オフィス家具製品 [+] ≫測量機器 [+] ≫技術サービス [+]
コピーサービス部 ≫コピーサービス(図面焼付) ≫デジタル入出力サービス ≫各種製本 ≫大判図面ラミネート ≫デジタルOH入稿
オフィス通信販売 ≫アスクル ≫SmartOffice
店舗業務 ≫各種サービス [+] ≫文具・事務用品 [+]

お客様と経営者の時間とコストを削減、快適なショッピングをお手伝いします
POSレジスターに求められる必要な機能(商品管理・販売管理・在庫管理・顧客管理・ポイント発行)をご提供致します。更に基本システム(ベーシックプラン)と組み合わせることで、POSシステムを便利にご利用頂ける各種帳票オプションもご用意しておりますので、お店の運用に合わせてご利用下さい。

電子レジスター
[1]小売業、[2]飲食店、[3]サービス業などに金銭集計に使用され、電子レジスターとは、レジスター本体がPOSシステムなどに連動されずに、主に単独で使用しています。

電子レジスターの利用メーカー(単独レジ機能)
カシオ/シャープ/ 東芝/ テック/ TOWA/ アスター/ (精機)/ NEC NCR 日立富士通/(JCM)/ ゴールド/イノコシその他



POSシステム
販売時点情報管理(英語:Point of sale、略称POS)-物品販売の売上実績を単品単位で集計すること集計結果を在庫管理やマーケティング材料として用いるシステムのことです。
「販売時点管理」などとも訳されます。

POS以外にも、パソコンPOS・POSシステム・POSレジ・POSレジスタと呼ばれます。

POSの導入においての最大の利点は、商品名や価格、数量、日時などの販売実績情報を収集するため、「いつ・どの商品が・どんな価格で・いくつ売れたか」を経営者側が把握しやすく、売れ行き動向を観察できる点です。
また、購買商品と購入者の年齢層、性別、当日の天気もデータを収集していることもよく知られています。

POSシステムと経理システムなどを連携させ、クレジット決済や税額の自動算出なども一元的に管理するなど機能を拡張したシステムもあり、大変便利です。

また、店舗で販売している商品の情報をあらかじめホストコンピュータに記録しておくと、販売時にバーコード情報を元に商品情報を検索し、レシートに購入商品を正確に記録できるのもPOSシステムの副次的な利点となっています。

POSシステムのメリット
かつて小売店では店のスタッフの手によって、すべての商品を管理していました。「これは売れているから多めに仕入れて…あの商品はもう時期外れだからやめて…」と、このようにスタッフの判断によって商品は管理されていたのです。そして商品管理のための帳簿作成は困難を極めていました。

そんな中登場したPOSシステムは、小売店業界の商品管理を一変させました。リアルタイムに商品の売れ行きが記録され、かつその日の天候や購入客の性別、年齢層なども同時に記録できるようになったのです。
つまりマーケティングのために必要な情報が簡単に手に入るようになったわけです。無駄を省き、必要な分だけを仕入れる、という仕入れの基本を忠実に行うことが可能になり、不動在庫を抱えることもなくなりました。
これらはすべてPOSシステムの恩恵です。また、バーコードを読み取るという至極簡単な作業によって精算ができるため、従来のレジシステムに比べ顧客1人あたりの対応時間が短縮されました。
人件費における対費用効果は、従来の1/3以下になったといわれています。